修理に出したMacbook proが返ってきた(修理されずに)


Macbook proを修理にだしてから4日。本日宅配便でMacbook proが返ってきました。

Macbook proを水濡れ修理に出しました

Appleのスタッフからは修理の見積もりが出たらメールで知らせる。
そのメールに修理するかどうか答えるプロセスがあり、「修理する」と応答すると修理されたものが工場から直接家に配達されるとのことだった。

しかし、このときまだ見積もりのメールも来ていなかったのでどういうことかよく解らなかった。
もしかしてジーニアスバーで提示された仮の見積もりそのまま(約4万円)で修理できたのかとも思い、喜び箱を開けると、修理報告書が入っていた。

内容は”本体内の広範囲に液体のようなものが混入した形跡を確認。破損の度合いが高く修理不可能ですので製品を返却します”とのこと。

修理報告書の裏には英語で”修理の見積もりをした結果、修理費用が新しい製品を買うよりも高くなります。このような場合Appleはサービスの依頼をお断りします”と書いてある。

まさか修理できないとは思っていなかったのでがっくり。
ジーニアスバーでは修理できると聞いていたので、念の為サポートに電話して確認してみるも、「ほとんどの場合は修理が可能なのでスタッフもそのようにお答えしているが、工場で修理費用が製品の価格を上回ると判断されたものは、たとえ修理代をいくら出していただいても対応できません。」とのこと。

今回の反省点は
* TouchBarの周辺の隙間を保護フィルムなりで塞いでおけばよかった
* 完全に乾く前に修理に持ち込んだ。たぶん移動中にmacbookを縦にして運んだので水濡れの範囲が広がってしまった
(↑水に濡れたときはキーボードカバーをしており、それほど広範囲が濡れたとは思えないため)

水に濡らさないのが一番なのはもちろんだが、備えとして次のPCを買うときは注意しようと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です