NIXON腕時計の電池交換を自分でやってみた

NIXON時計の電池交換

NIXONのTIME TELLERの針が動かなくなった。
時計屋で電池交換を頼めるか聞いたところ、料金は2000円で1時間かかるとのことだった。
その時は時間がなかったのでまた今度にしようと思っていたのだが、2000円あれば電池も工具も買えるということに思い至ったので自分で電池交換することにした。

NIXON TIME TELLERの電池

NIXON TIME TELLERの電池はSR626SWが入っている。
100円ショップでも売っているらしいけれど、近所の100円ショップには在庫がなかったので家電量販店で購入した。

電池交換の準備

必要なものの準備。
交換用電池は当然として、工具がなければ始まらない。
NIXON TIME TELLERを電池交換する際は、細いプラスドライバーとマイナスドライバーが必要だった。

私が使ったのはスマホ分解用の精密ドライバーセット。ピンセットも付いていて便利だった。

ドライバーはこういう安いのでも問題ないと思う。

細かい作業となるのでピンセットとセロハンテープかマスキングテープもあったほうがよい。

また取り外した部品をなくさないように、部品を置くトレーを用意しておくとよい。

次に、作業場をきれいにする。
ネジや部品がどこかにいったときに見つけやすさが全然違うので、作業テーブルは事前に片付けておいたほうがよい。

電池交換

時計の裏蓋を空ける。
4箇所ネジ止めされているので外して蓋を取る。

次に白色のカバーを外す。

NIXON 電池交換

画像の緑線の部分に穴が空いているのでマイナスドライバーを軽く入れて上向きに持ち上げるとよい。

NIXON 電池交換

画像の印がついたネジを外す。
ドライバー先が磁石になっていると、ネジを外した途端に部品が吸い付いてきてバラバラになってしまうので、緑線の辺りをピンセットで押さえながら外す。

ネジを外したら、古い電池を取り出し新しい電池を入れる。
このとき外した部品は元どおり組み立て直す必要があるので、周辺の部品はあまり動かさないようにする。
組み立て時はセロハンテーブなどを使って部品が動かないようにすると止めやすい。

NIXON 電池交換

内部を元どおり組み立てて3箇所のネジを締めたら、カバーをはめ裏蓋を当てて針が動いているか確認する。
針が動いていれば裏蓋をネジ止めする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です