アマゾン 新しくなったFire HD 8が安い

kindle

前から欲しかったFireタブレット、遂に新型が発表された。
7インチのFire 7と8インチのFire HD 8が2017年6月7日に発売予定で現在は予約受付中だ。

Fire 7もFire HD 8も基本的なスペックには変わりがなく、すこし軽くなった。
Fire 7は薄くなったが、Fire HD 8は厚みが少し増した。

256GBまでのマイクロSDカードに対応したのは大きな改善ポイントだ。
前の世代までは200GBまでという制限があった。
市販のマイクロSDカードが256GBが多いのでメモリ容量を無駄なく使えるようになった。

Fire HD 8 の新旧スペック比較

新型と旧型の違いは重量とmicroSDカードの最大容量だけだが、価格は旧型より1000円安くなった。
(このところずっとセールしていたので、値段据え置きにみえるけれど、正規の価格は16GBモデル、32GBモデル両方で1000円下がっている。)

  Fire HD 8(新型) Fire タブレット HD 8(旧型)
ディスプレイ 8インチ
1280 x 800
(189ppi)
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz
RAM 1.5 GB
ストレージ 16/32GB
microSDカードスロット あり
256GBまで対応
あり
200GBまで対応
オーディオ Dolby Atmos
デュアルステレオスピーカー
マイク
カメラ VGAフロントカメラ
2メガピクセルHDリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
バッテリー 12時間
サイズ 214 x 128 x 9.7mm 214 x 128 x 9.2mm
重量 369g 341g
価格 11,980円(16GB) / 13,980円(32GB) 12,980円 / 14,980円(32GB)

Fire 7 の新旧スペック比較

Fire 7 のほうは薄く、軽くなり、バッテリー稼働時間も伸びた。
さらにWifiもダブルバンドに対応しており、新型のコストパフォーマンスは素晴らしい。
スペックではHD 8に及ばないが、価格と300gを切った軽さでこちらを選ぶこともあるかもしれない。

  Fire 7(新型) Fire タブレット(旧型)
ディスプレイ 7インチ
1024 x 600
(171 ppi)
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz
RAM 1.0 GB
ストレージ 8/16GB
microSDカードスロット あり
256GBまで対応
あり
200GBまで対応
オーディオ モノラルスピーカー
マイク
カメラ VGAフロントカメラ
2メガピクセルHDリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド
a/b/g/n
シングルバンド
b/g/n
バッテリー 8時間 7時間
サイズ 192 x 115 x 9.6mm 192 x 115 x 10.6mm
重量 295g 313g
価格 8,980円

今回Fire HD 10はリプレイスされないので、現在のFire タブレットのラインナップではFire HD 8が一番買いだと思う。
動画試聴やKindle本のリーダーとして使うならディスプレイはHDがいいだろう。
Fire HD 8は基本的なスペックは旧型からほとんど変わっていないが、値段が下がっているのでお得だ。

Fire タブレットはFire OSというオペレーティング・システムを採用している。
Fire OSはAndroid OSをベースにしたもので、基本的なところはAndroidと変わらない。
昨今のAndroidタブレットではRAMが1GBしかないものはやや時代遅れになってきていて、新しめのアプリを動かすと動作がもっさりすることがある。
動画試聴と読書ならRAM 1GBでも不足はなさそうだが、どうせならソシャゲのサブアカ用に使いたいのでRAMが1.5GBあるFire HD 8にしようと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です