Nintendo Switch用にmicroSDカードを買う


Nintendo Switch用にmicroSDカードを買った。

スイッチは最初からコントローラーが2個ついているのであまりアクセサリーを買わなくて済みそうだと思っていたが、使っているとProコントローラーが欲しくなったり、結局いろいろアクセサリーを買ってしまっている。

初めは家で使うだけだと思ってアクセサリーはテーブルモード用のスタンドと液晶保護フィルムだけ買ったのだが、はやり持ち歩きたくもなるのでケースとコントローラーカバーがセットになっているアクセサリーキットも買ったばかり。

↑これはこれで安いわりに持ち運びのときに必要なものが一通り揃っていてよかった。
液晶保護フィルムも付いていたので、最初からこのセットを買えばよかったかもしれない。

そして2018年はスイッチ版『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』が発売されるらしく、すごく楽しみにしているのだが、このままでは内蔵メモリだけでは容量が足りないので前もってmicroSDメモリを購入しておくことにした。
同じく2018年発売予定の『真・女神転生V』も絶対買うので、容量は大きめが欲しい。
ニンテンドーはスイッチに使用するmicroSDメモリにはUHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応の高速な物を使用することを推奨している。
条件に合うものをAmazonで見てみると今は128GB~200GBがバイト数あたりの値段が安いようだ。

ただスイッチにはmicroSDカードは1枚しか刺せない。そして差し替えて使うときに不自由がないのかも今はわからない。
だからここは容量大きめがいいとは思うのだが。

しかし256GBはあまり安いのがない。200GBと比べて容量は20%大きいだけなのに値段は倍近くすると思うと、やはり200GBのほうがお得だ。
現在スイッチで発売されているソフトは容量が大きいものでも35GBくらいということなので200GBでも8本くらいは余裕でインストールできそうなので、とりあえず今は200GBのやつを使っていこうと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です