中国語の電子書籍を読むためにKindle Paperwhiteを購入

kindle

既にKindle PaperwhiteとKindle Fire HD10を所有していたが、amazon.cnで購入した電子書籍を読むためにもう1個Kindle Paperwhiteを購入した。
1つのKindle端末でアカウントを切り替えてamazon.com, amazon.co.jp, amazon.cn それぞれで購入した書籍を読むことは出来るのだが、アカウントを切り替えるたびに全てのコンテンツが端末から削除されてしまい使い勝手が悪すぎるからだ。

以前はアカウントを切り替えてもダウンロード済みのコンテンツはそのまま残っていた気がするが、いつの間にか変わってしまったらしい。
仕方なくKindleアカウントの統合をしてみるかと思ったが、Kindleアカウントの統合も受付が終了しているとのこと。

書籍はダウンロードし直せばいいだけなのだが辞書のダウンロードや設定が煩わしいので、1台をamazon.cn専用にすることにした。
中国語では小説を読むだけなのでフロントライトが追加されたニューモデルのKindleでも充分に思えたが、こちらの解像度は167ppi。Paperwhiteの300ppiとどれほど見え方が違うのか解らないが、見え方が今使っているPaperwhiteと比べて劣るとストレスかもしれないので少し高いがPaperwhiteを追加購入することにした。

話題の小説『三体』の日本語訳は第1部しか翻訳されておらず1冊で1800円。amazon.co.jpで簡体字版の全集も6100円で購入できる。

amazon.cnでは全集がセール中で28.99元で買える。日本円で500円もしないという安さなので、KindleとPaperwhiteの差額5000円は元がとれたということにしよう。

しかし『三体』はかなりのボリュームなので次に中国語の本を買うのはだいぶ先になるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です