万年筆:カクノとジンハオ JH250Kで書き比べ

カクノとジンハオ JH250Kで書き比べ

少し前に購入したジンハオのJH250Kもだいぶ書き慣れてきた。
美工筆であるJH250Kはかなり線が太く、インクもよく出る。
カクノと書き比べてみた。

JH250K ジンハオ 名工筆

ペン先は金。
インクはファーバーカステルのカートリッジを使用。

万年筆カクノ 中字

ペン先はステンレス。
買ったときのカートリッジをそのまま使用。

書き比べ

カクノとジンハオ JH250Kで書き比べ
一番上がカクノ。2行目、3行目がジンハオ。
2行目が普通の角度で書いたもの。3行目が線が太く出るようにペンを寝かせて書いたもの。

カクノとジンハオ JH250Kで書き比べ
文字を書いてみるとこんな感じ。

カクノとジンハオ JH250Kで書き比べ
ハネ、ハライはこのようになる。
カリカリした書き心地のカクノに比べるとジンハオの方は柔らかくスムーズ。

どちらも若干滲んでいるが、普段使っている手帳ではこれほど滲まないので紙との相性かもしれない。
今回はマルマンの『書きやすいルーズリーフ 無地』を使用した。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です