Macbook proを水濡れ修理に出しました


Macbook proに水をこぼす

不注意でMacbook proに水をこぼしてしまいました。
コップに半分くらい入っていた水をキーボードの上にダバーーといっぱいかけてしまい、その瞬間にディスプレイが真っ暗になりました。

キーボードカバーを付けていたのでキーボードからの水侵入はなかったと思いますが、TouchBarタイプだったのでTouchBarの周辺から水が入ってしまったのか。。
Macbook proは2017年に買ったばかりでまだ1年も使っていない。
次はこの隙間をタブレット用の液晶保護フィルムなりで保護しておこうと心に誓う。

仕方が無いので電源を落とし、見えている範囲の水を拭き、再度PCを起動。
やはりディスプレイは映らない。TouchBarは点灯しているので電源は入っている。

水濡れした状況で電源を入れていると回路がショートする恐れがあるので、一旦ここで諦めて電源を落とす。
ちょっと乾くまで待ってみることにした。
この判断が正しいのかはわからない。水濡れは綺麗に乾いて再度使えるようになる場合もあるが、水の入りどころによっては基盤の腐食が進んでしまい、修理が難しくなることもある。

水濡れの3日後、やはりディスプレイは映らない

濡らしてしまってから3日経って再度電源を入れるも、ディスプレイは映らない。
インターネットで情報を探すと、1週間や10日間放置してやっと治ったという内容を見かけるが、腐食とショートが怖いので、修理を決断する。

修理のためにはまずAppleのジーニアスバーを予約する。
ジーニアスバーは予約が混んでいて、当日持ち込むのは無理だった。
こんなことなら濡らしてしまったときに予約をしておけばよかったと思うも後悔先に立たず。

修理の見積もり

ジーニアスバーにMacbook proを持ち込んで修理を依頼する。
ディスプレイが映らず診断ツールが使えないということで、工場での修理してもらうことに。
修理費用がいくら掛かるのかは、現状ではわからない。
スタッフの説明によると、
* 購入後1年以内なのでApple Careの対象だが、Apple Careは水濡れは保証の対象外。
* Apple Care+に入っているので水濡れにも保証が効くが、水濡れの程度がひどい場合は保証の対象外
とのことで、工場でMacbook proの中を開けて見ないと保証が効くかどうかは解らないとのこと。
一旦画面の修理で修理の見積もりをもらうことになりました。

現状の修理項目は
1. Service fee for mac 33,800円
2. Tier 4 Accidental Damage 165,000円
消費税が付くと約20万円の修理になるが、これはディスプレイ以外に故障がない場合。
交換部品が増えるとさらに修理金額は高くなるとのこと。
また私の場合はApple Care+に入っているのでTier 4 Accidental Damageの16万5000円は請求されないだろうとのこと。

Macbook proの修理は高い!!
見積もりによっては修理しないかもしれない。

その後、、

修理に出したMacbook proが返ってきた(修理されずに)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です