ゲームオブスローンズ最終シーズン公開直前、だれが死ぬ生き残る予想


この記事を書くかどうかずっと迷っていたけど、今を逃しては書けないので公開してしまおう。
ゲームオブスローンズの最終シーズン最終シーズンで死ぬ人、生き残る人を予想します。
以下、第7シーズンまでのネタバレを含みます。

死にそう

デナーリス・ターガリエン
ターガリエン前王家の末裔でドラゴンの母、圧倒的カリスマの女王ですが死ぬと思います。
理由:
GOTシリーズは権謀術数にみちた有力者達の権力争いがテーマです。デナーリス自身も敵を欺き、支配者としての力を示すため時には味方にも過酷な決断を迫って生き抜いてきました。
美しく優しい女王ですが彼女はドラゴンの血を受け継いでいて自身が卵から孵したドラゴンを操る。デナーリス自身も炎では死なないという人間離れした能力も持っているGOT最強のキャラクターです。
第7シーズンでジョン・スノーと愛し合うようになりますが、二人は実は叔母と甥の関係ではないかと暗示されています。
ターガリエン家はドラゴンの血を濃く保つために近親結婚を繰り返しましたが、その結果として「ターガリエン家にはまともな者が半分もいない」とサーセイに言われるほど、ターガリエン家の者には生来の問題があるようでした。
GOTの世界では近親間の結婚・恋愛が描かれていますがそれは権力に固執する残酷な時代の象徴でもあるように思えます。
公平な世界を望むデナーリスの望みが叶うのならばジョン・スノーとの関係はある種の矛盾を残すでしょう。
最終章に相応しい驚きのストーリーを描くのにもデナーリスの死は最高の演出となると思います。

サーセイ・ラニスター
現王家の女王サーセイ。性悪な王妃として登場して以来、衝動のままに悪事を働いている割には、王妃という立場と家柄を利用して意外なほど危機を逃れ続けていますが最終章では死ぬと思います。
理由:
GOTの魅力の一つとして登場人物の成長・変化があります。
王の盾でありながら実姉である王妃と不倫している不道徳のかたまりのようだったジェレミー・ラニスターも自身の誇りと誓いに向き合うようになります。
サーセイも第1シーズンでは王妃の権力をいたずらに使う悪女でしたが、3人の子供を失いそして自らの尊厳をひどく傷つけられても立ち直り強い女王となります。
そして第7シーズンの終わりはホワイトウォーカーの存在を知ると、すでに大事な子供たちを失っているサーセイは「私たちさえ生き残ればいいの」とジェレミーに話します。
つまりサーセイは第7シーズンで始まるホワイトウォーカーとの戦いでデナーリスとジョン・スノーに全面的には協力しないということです。
もしかしたら裏切るのかもしれません。そしてGOTの世界で裏切り者や卑怯者に待っているのはそれにふさわしいみっともない死です。
またジェレミーはいつでもサーセイにだけは忠実でしたが、第7シーズンの最後ではその心に確信が持てない様子でした。
キング・スレイヤーと呼ばれるジェレミーがクイーン・スレイヤーになってしまうのかもしれません。

ティリオン・ラニスター
大人気のティリオン、彼が死ねばたくさんのファンが悲しむでしょうが死ぬと思います。
理由:
ターガリエン・ラニスターは「お前を息子として扱っているのは、私の子供ではないという証拠がないからだ。」と発言しておりティリオンの出生にも秘密がありそうです。
地下牢に繋がれて怒り狂ったドラゴンにも焼き殺されなかったティリオンは実はターガリエン家の血を受け継いでいるのではないかと、ファンの間では噂されています。
個人的にはエイモンが死の際に語った女性との思い出がヒントではないかと思います。
第1シーズンでのティリオンとエイモンの会話は特に印象的なものではありませんでしたが、もしティリオンがエイモンの血を引いていれば、そこに繋げてくる可能性はありそうです。
そしてティリオンは基本的には善人です。障害があるために軽んじられその能力を発揮することは出来ていませんでしたが、王の手となったときには都を守るためにスタニス・バラシオンの軍を相手に勇敢に戦います。
「私が本当に使えているのは民衆です」と言うヴァリスとの友人関係や、奴隷解放を成したデナーリスへの臣従は、彼の弱きものを助ける気持ちがさせたものでしょう。
もし彼にドラゴンの血が流れていてホワイトウォーカーを退ける力があるのなら、命を失うとしても彼は戦うでしょう。

ベリック・ドンダリオン
6回も生き返っているという驚愕のエピソードがあるのに、影が薄いベリック。最終章では死ぬと思います。
理由:
ベリックは過去に6回生き返っていますが、 彼を生き返らせるソロスはホワイトウォーカー化した熊に襲われて死んでしまっています。 彼自身も「生き返る度に自分の記憶の一部が抜け落ちていく」「死者を生き返らせられるとしても、自分と同じ目にあってほしくない」と語っており、もう死にたいのでしょう。
彼が生き返るのには理由があるといいます。ソロスが死んでしまったということはベリックの宿命が果たされたということかもしれません。6度も生き返った理由が最終章で明かされるといいのですが。もういい加減死なせてあげたいです。

生き残りそう

ジョン・スノー
全シーズンをとおしてジョン・スノーは運が良く、いつ死んでもおかしくない状況をいくつも切り抜けてきました。最終シーズンでも生き残ると思います。
理由:
ジョン・スノーは北のエダード・スタークの私生児として生きてきましたが、実はレイガー・ターガリエンとリアナ・スタークが正式な結婚をして生まれた子供であり、その血筋はターガリエン家の王位継承者と言えるものです。
特別な力を持ちながらその力を維持するために近親結婚を繰り返し自ら滅んでいったターガリエン家にしてみれば、スターク家との間に生まれた彼は王家の復活に相応しい『呪いのかかっていない王』と言えます。
ホワイトウォーカーとの戦いに人間が勝利するにはドラゴンの力が必要でしょう。そしてその後の世界を治めるのはジョン・スノーしかいないでしょう。

ジェレミー・ラニスター
だんだんいい人になってきたジェレミー。彼も生き残ると思います。
理由:
先の予想でサーセイとティリオンを死亡と予想しているのでといったら身も蓋もないですが。。。
ホワイトウォーカーとの戦いの後に、国を復興させるためにはお金が必要。莫大な財産を持ち、これまで悪事の限りをつくしてきたラニスター家が金を出して復興させれば大団円に収まるので、ラニスター家の1人は生き残るんじゃないかと思います。
ジェレミーはデナーリス軍との戦いでドラゴンに突っ込むくらい無鉄砲なところがあり、ホワイトウォーカー化したドラゴンに突っ込んで死亡ということもありそうですが、その場合ティリオンは生き残る気がします。ただブロンは彼らを守るために死んでしまうだろうなぁ。

サンダー・クレゲイン

通称ハウンド。悪者騎士だった頃と比べるとキャラが謎になってきてますが生き残ると思います。
理由:
GOTスローンズ最悪の騎士といえばマウンテン。彼を倒すのはハウンドしかいません。
マウンテンを倒した後に死んでしまうかもしれませんが、サーセイの切り札マウンテンに勝ったのに違う理由で死ぬというのも納得がいかないので、生き残りと予想。

ジェンドリー
ロバート・バラシオンの落とし子。生き残ると思います。
理由:
これまでの最大の見せ場はメリサンドルの呪いのために血を奪われるシーンですが、第7シーズンではジョン・スノーの一行に加わっています。
ロバートは生前「私とリアナとは実現しなかったバラシオン家とスターク家の縁組を、俺とお前のの子達で実現させよう」とエダードに語ります。
ジェフリーとサンサの婚約は解消されてしまったのでロバートの望みはまだ叶っていません。
ハッピーエンドの一つとして、ジェンドリーはサンサかアリアと結ばれることになりそう。 今まで接点が多かったのはアリアですが、ジェフリーは武器屋を訪れたエダード・スタークと会話しているので、スタークの話題でサンサと親しくなることもあり得るかなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です